レンタルオフィスの実態とは?個人で利用できるのか

レンタルオフィスとはそもそも何?

近年レンタルオフィスというキーワードが有名になりつつありますね。レンタルオフィスとはオフィスとだけでなくオフィスに付随する机などの設備品なども貸してくれるサービスのことを言います。その点で空間だけを貸してくれるテナントとは少し趣を異にするのです。もともとこのレンタルオフィスは日本の物ではなく外国から入ってきたものです。それが少しずつ広まり現代のような形になっており、法人だけでなく個人にも広がりを見せているのですね。

個人でも借りることが出来るレンタルオフィス

レンタルオフィスの魅力はその柔軟性にありますね。例えば今までの貸し事務所であれば1年契約のところがほとんどでしたが、レンタルオフィスの場合には1か月だけの契約や1週間だけの契約、1日だけの契約もすることが出来る会社もあるのです。時代の流れは昔よりも早くなっていると言われていますが、それに対応してフレキシブルに変化するのがレンタルオフィスです。例えば、個人事業主が増えている昨今、個人事業主一人分の空間だけでも借りることも可能なのです。

バーチャルオフィスというサービス

レンタルオフィスにはバーチャルオフィスというサービスがあります。バーチャルオフィスとは仮想事務所のことです。実際に都心部にあるその住所では誰も働いていないのに、そこが事務所になっていることもあるのです。不思議ですね。人はいないが会社はそこにある状態です。では、会社の中身はどこにあるかと言えば、別の地方都市や都心の郊外にあるのです。都心部に住所があると信頼されることが多く、わざわざ住所だけを都心部にしている会社もあるのですね。

福岡の賃貸事務所では、駅近くや駐車場付きなど場所によって条件が異なるので、足を運んで物件をみてから契約すると良いです。