倉庫内の安全教育を行うことを第一に考えた倉庫

倉庫内の作業員は整理の達人

物の整理を得意とする人の中には収納の達人と呼ばれる人もいます。品物の整理をしておけばいざという時に急な用事もすんなり済ませることが出来ます。収納の達人であれば物流倉庫のデッドスペースも有効活用する方法を編み出すことが出来るかもしれません。倉庫内の作業では各メーカーの在庫を数千点から数万点扱っている倉庫もあり、日々の整理整頓は欠かすことが出来ません。倉庫の作業員こそ整理の達人と呼ばれることでしょう。

倉庫内での作業は安全第一

倉庫の中ではどんな作業においても注意が必要です。フォークリフトが活躍する倉庫では、リフトの他にもエレベーターやオムニリフターなどの機械の操作が頻繁です。作業進捗のパーセンテージを上げながら作業者や各作業での安全も確保しなければなりませんが、この二点を両立させることが倉庫運営の目的であり課題でもあるのです。安全な作業だからこそ生産性が上がる、そんな現場を目標に日々在庫の管理を行っているのが物流倉庫なのです。

作業を安全に進めるための安全教育

リフトでは大まかな位置まで品物を運びます。フォークリフトが入れる場所は専用の通路とフロアの一部となります。作業者とフォークリフトが同居するスペースでは事故が起こりやすいので十分な注意と定期的な安全教育が必要となるでしょう。フォークリフトの立場から一般作業者の目線は分かり難く、逆に一般作業をしている作業者からフォークリフトの感覚は分からないものです。両者の立場になって安全を考えられるような危険予測訓練の実施も有効でしょう。

食品を保管する際は温度や湿度の管理の他、ネズミなどの小動物による食害を防ぐことが重要になります。そのため、倉庫を利用する際は建物の状態や周囲の環境を確認して、問題点がある場合は速やかに対処します。